本文へスキップ

災害医療派遣チームDMATをサポートするボランティア団体です。

日本DMAT支援機構

DMATの紹介

DMATとは


DMAT(ディーマット)ってなに
大規模災害などでも迅速に対応できる機動性を持った、専門的な訓練を受けた医療チームです。
Disaster Medical Assistance Team”の頭文字を取ってDMATと呼ばれています。

l  どうしてDMATができたの

 平成7117日に発生した、阪神淡路大震災で、初期医療体制の遅れが指摘され、“平時の救急医療レベルの医療が提供されていれば、救命できたと考えられる「避けられた災害死」が500名存在した可能性があったのでは”と、後に報告がありました。
このことから、各行政機関、消防、警察、自衛隊と連携しながら救助活動と並行し、医師が災害現場で医療を行う必要性が認識されるようになり、

「一人でも多くの命を助けよう」

と厚生労働省により、災害派遣医療チーム、日本DMATが平成17年4月に発足しました。

l  どんな人がいるの

 主に災害拠点病院の医師、看護師、事務員等56人程度で構成されています。

l  いつ、どんな活動しているの

 災害時などに、医療資器材を携行して真っ先に現場へ駆け付け、現場での医療活動、広域搬送、病院支援などを行います。急性期(おおむね48時間以内)に活動しています。

主な出動事例

新潟県中越地震(200410月)- DMAT初の出動

JR福知山線脱線事故(20054月) - 事故で初の出動

新潟県中越沖地震(20077月)

岩手・宮城内陸地震(20086月)

中国・九州北部豪雨に伴う防府市土砂災害 (20097月)

東北地方太平洋沖地震に伴う東日本大震災(20113月)

福知山花火大会露店爆発事故(20138月) ※搬送先の病院に出動

台風第26号に伴う伊豆大島土砂災害(201310月)

豪雨による広島市の土砂災害(20148月)

御嶽山噴火災害(20149月)

台風第18号に伴う関東・東北豪雨災害(20159月)

熊本地震(20164月)

北海道地震(20189月)











会員募集

支援隊ブログ

関係者ログイン

掲 示 板

業者ログイン

報道発表





特定非営利活動法人
NPO日本DMAT支援機構  
             事務局

問い合わせはこちら!!
〒418-0022
静岡県富士宮市小泉2409-5
特定非営利活動法人
    NPO日本DMAT支援機構
電話:0544-29-7969
FAX:0544-29-7742


当会に関するお問い合わせは、専用の
問い合わせフォームから必要事項をご記入の上ご連絡頂きますようお願いします。



DMAT支援隊




















  
inserted by FC2 system